不動産の取り扱い豊富な知識で正確に

初期費用をチェックする

賃貸における初期費用の縮小傾向

賃貸マンションを借りる際に大きな出費となるのは初期費用です。敷金や礼金、仲介手数料等の家賃をベースとした費用がかかるため、より家賃が高くてよい賃貸マンションを借りようとするとその分だけ大きな初期費用がかかることになってしまいます。たとえ毎月の費用という考え方で払える家賃であったとしても、初期費用として十分な額が準備できないために契約できないケースもあり得るのです。 しかし、近年のトレンドとして集客効果を上げるために敷金や礼金のかからない物件が増えてきています。また、仲介手数料も家賃の一ヶ月分というのが一般的でしたが、半月分としたり、キャンペーンで仲介手数料を0円としたりする不動産会社も出てきています。

交渉によって下げる賃貸マンションの初期費用

賃貸マンションを借りる際に必要になる敷金や礼金等がなくなるか否かは、不動産会社やその物件のオーナーに依存します。もともと集客効果を高めるために0としている場合もありますが、そのサービスを受けるために交渉するという選択肢もあります。 家賃交渉は毎月の収入を減らすことになるためオーナーもあまり引き下がってくれませんが、敷金や礼金は一時的な収入であり、特に敷金はオーナーから見ると安全料という意味合いが強いので必ずしも必要なものではありません。そのため、交渉によって引き下げが行いやすい部類に入るのです。賃貸マンションを借りる際には、たとえ数ヶ月分の敷金や礼金が要求されていたとしても交渉を行ってみると初期費用を削減できる可能性があるのです。